独占交渉と結婚はにているかもです笑( *´艸`)

toys-1903273_1920.jpg

Amazon輸入で行われている通常の価格交渉ってありますよね。もし企業間取引を目指すなら、価格交渉の延長線では独占交渉を成約できません。それは考え方が違うからなんですね。考え方のイメージとして、独占交渉は結婚と似ているかもしれません笑( *´艸`)

 

お客様ではなくパートナー

メーカーになってみると分かりますが、商品を仕入れにきてくれる小売店さんは、パートナーではなくどちらかというと「お客様」です。なので、何点かポイントを抑えてしまえば、それほど難しくありません。しかし、企業間取引を目指した独占交渉となるとまず立場が全く違います。*小売りとしての独占なら延長線上でもいけるかと思います。

お客様ではなく「パートナー」です。仕事を一緒に行う「パートナー」と「お客様」では求められることが当然変わってきます。勿論、信頼がベースにあるのは変わりありませんが、同じような切り口で交渉しても企業間取引を見据えた条件は引き出せませんし、成約自体も難しくなります。

 

パートナーに求めるもの

皆さんが結婚を考えるようなパートナーを考えるときに、どんなことを思いますか?(*´▽`*)色々とあるかと思いますが、全てまとめるとおそらくその相手との将来性ではないかと。

「この人と、この先も一緒にいたい!」

そう思う何かがきっとあると思うんですね。物凄く以外かもしれませんが、独占交渉もこの感じと似ています笑 将来性、それは結婚と同じで経済面だけをみるのではなくて、メーカーさんによって様々な要素を含んできます。

 

メーカーさんのビジョン

相手のビジョンをどこまで捉えられるかで、将来性の見せ方が変わってきます。独占交渉は営業と少し似ているところがあって、主役はあくまでも相手(メーカーさん)なんですね。

「自分がこうしたい!」 ということよりも「相手が望むこと」をどれだけ捉えられるかが、成約を結べるかどうかの分かれ道です。相手の話を聞くまえに、販売戦略をたてて交渉にのぞむ方も多いのですが、これは道端で偶然出会った相手に突然プロポーズするのと少し似ているかもです笑

これがいきなり上手くいくのは、よっぽど相手の望んでいたことと見事にマッチするときかと。。営業で例えるなら、いきなり飛び込んで高価なものをご提案し、即決してもらうような感じに似ていると思います。

 

まとめ

独占交渉となると凄く緊張してしまいますよね。でも実はメーカーさんにとっても非常に勇気のいる決断となります。Amazon輸入は結果が早くでるので、独占交渉にもそのスピード感をもとめがちですが、相手が検討するときに、出来るだけ負担がなく安心できるよう、ゆっくりと進めてあげることも大切です。

この辺も結婚と少し似ているかもしれませんね笑( *´艸`)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中