アメリカ人はメールの返信が遅い?

こんにちは!家事・育児の傍ら大学にも通っているTomoです。 大学に通い始めたころは、パソコンで全てできるわけではなかったので、頻繁に授業コーディネータと連絡をとらなければなりませんでした。ところが、授業コーディネーターはメールの返信が遅いだけならまだしも、メールを返してくれないこともしばしば…笑 他の日本人学生も同じように困っていたので、誰かしら連絡が取れた場合は、いつのまにか授業コーディネーターから得た情報を皆とシェアするようになっていました笑  私の経験からすると、メールの返信が遅い or 返信がこない 場合は以下の理由が考えられます。 1.メールを見ていない 授業コーディネーターはオフィスに1~2人しかいません。 問い合わせが多いと、メールを見逃している可能性があります。 2.メールの内容が上手く伝わっていない 英語でのやりとりになるので、伝えたい内容をうまく表現できていない場合があるようです。高校を卒業したばかりの子がいたのですが、英語で上手く伝えることができなかったために、親御さんが代わりにやり取りしているようでした。 3.心配不要と思われている こちらが心配していることでも、授業コーディネーターからすると大した問題でない場合はスル―される事があります笑 私が沖縄に転勤する際に何か手続きが必要なのかを問い合わせたことがありました。でも、いつまでたっても返信がなかったので、大学のオフィスへ直接出向き聞いてみることに。 すると、「手続きは何もないから心配しなくていいよ~」と言われました。こういう事は結構多くて、向こうが何も心配ないと感じた場合は返信がかえってこなかったりします。でも、問題がある場合でも返信がこないこともあるので、やはり直接確認してみたほうがいいかも。。 アメリカ人のお友達と連絡をとる時には、メールのやり取りについて特別遅いと感じることってあまりないのですが、大学の授業コーディネーターやインターネットでの問い合わせとかになると、う~ん…。。σ(^_^;)日本人からすると遅く感じます。日本であれば、問い合わせに関して返事がないなんてことはそうそう起こらないと思います。でも、相手がアメリカ人だと度々あります笑 最初の頃はこれが結構ストレスに…(-“”-;) 「どうしたらいいのーーー!!!」 と何度もなりました。。笑  でも不思議なもので、こういう事でさえ段々と慣れてきます!笑(°∀°)b こう思うと慣れって凄いですね(^▽^;) 最後まで読んで頂きありがとうございました! ランキングに参加中です! 励みになります!よろしくお願いします(*^^*) にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ にほんブログ村 【コラム】 大学の授業もコンサルもまだ始まらないので、最近は今まで見よう見ようと思っていたセーラームーンをみています笑 セーラームーンが新たにテレビで放送されるようになってから、食玩やガチャガチャが出てきました。目につくとつい買ってしまうんですよね…。。 セーラームーンは英語版もあるようで、同年代のアメリカ人と以前セーラームーンの話題で盛り上がったことがあります。セーラームーンといえば「月に変わってお仕置きよ!」の決め台詞が有名ですね。英語だと少し長くて「I am Sailor Moon, the Champion of Justice, and on behalf of the moon, I will punish you!」になるみたいですよ♪ヘ(゚∀゚*)ノ ☆続けて「日本でアメリカ留学」の記事をお読みになる方はこちら ☆在宅で出来る副業「Amazon輸入 準備編」はこちら ☆「Amazon輸入 実践編」はこちら ☆沖縄気分を味わいたい方はこちらへどうぞ♪

コメントを残す