Assignments (課題)とExam(試験)

こんにちは!家事・育児の傍ら大学にも通っているTomoです。 基地内大学の大学説明会に出席したとき、現役の学生として勉強に励まれている日本人の方々が口を揃えて仰っていたことがあります。 「課題が多すぎるー!!!!」 「最低でも一日5時間勉強しないといけない!」 「レポートが辛い・・・」 「またまた~、そんなこと言って新入生を脅かしているだけじゃないの~?( ´艸`)」なんて思っていましたが、実際に課題を受け取ってみると…先輩方の仰る通りでした!笑 まず課題の量について言うと、どの教科も決して少なくはありません。これはパソコンで授業をとっても、普通に通学しても同じ事がいえます。 それに加え、midterm exam(中間試験)や final exam(期末試験)に向けての勉強もしなくてはいけません。1termで大体2つの教科をとるのが一般的なので、1週間以内に2教科分の課題と試験勉強をしようと思ったら、やはり一日5時間というのは決して誇張された勉強時間ではないと思います。 また、とにかくレポートがやたらと出されます!笑 毎週、課題に加え何かしらのレポートに追われる日々ですφ(.. ) 大学説明会で聞いた通り、課題も試験も大変なことなのだと日々感じています。大学のレセプション時に、ある方がこんな事をいっていました。 「この23年間の基地内大学就学者数(日本人)500人に対し、卒業生はわずか70人しかいません。」 「え…!マジですか!?(;°皿°)14%の就学生しか卒業出来ていないってこと…?」その言葉だけで、一瞬心が折れそうになりました笑 勉強を続けることが困難になってしまった原因は、課題の量や勉強時間の確保だけとは言えないと思いますが、一つの要因ではあるようです。 この話を聞くと、とても大変そうに感じてしまうかもしれません。でも、ある程度の勉強時間を確保さえできれば何とかなります!少し乱暴な言い方になってしまいますが、大学の雰囲気として「生徒を落とそう」というよりは「皆を卒業させよう」という傾向にあります。というのも、 大抵の教科において、中間試験や期末試験の時は教科書を見てもいいんです! 私も驚いたのですが、本当に教科書見ながら試験を受けてもいいんです!でも、だからといって試験勉強を全くしなくてもいい訳ではありません。さすがに、毎回問題を解くたびに教科書を開いていたのでは時間がオーバーしてしまいます。以前、歴史の期末試験を受けた時のこと。ある米軍の女性は、試験時間が過ぎたのにも関わらず席を立とうとしませんでした。 「気づいてないのかな?教えてあげようかな?」と思い近づいてみると、目を血眼にしながら科書をめくっています。彼女の表情があまりに必死だったので、声をかけるのはやめて教室をでましたσ(^_^;) 制限時間を考えると、やっぱり日頃の試験勉強は大切ですね。 基地内大学の課題も試験も、決して楽ではありません。でも、普通の大学に比べると卒業しやすい方なのでは?と感じています。同じように社会人として大学に通われている方のブログをよく読むのですが、ある大学では卒業率がなんと4%未満しかないなんていうところもありました。それを思うと、基地内大学の課題や試験は優しい方なのかもしれません。 最後まで読んで頂きありがとうございました! ランキングに参加中です! 励みになります!よろしくお願いします(*^ ^*) にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ にほんブログ村 【コラム】 勉強時間を確保できたら、あとは習慣にしてしまえばきっと大丈夫だと思います。私は朝型なので、子供が幼稚園にあがる前は朝の3時に起きて勉強していました。でも、さすがに朝型の私でも朝起きたくないことがあります。そんな時は、机になにかしらご褒美を置いていました笑 大好きなお菓子やコーヒー、映画のチケットなどです。自分へのご褒美を勉強机に置いておくと、なぜか起きる気が湧いてきました。 「勉強が終わったら、ご褒美、ご褒美…(@ ̄ρ ̄@)zzzz」 寝ぼけながら、いつもそんな風に思っていた記憶があります笑  ☆続けて「日本でアメリカ留学」の記事をお読みになる方はこちら ☆在宅で出来る副業「Amazon輸入 準備編」はこちら ☆「Amazon輸入 実践編」はこちら ☆沖縄気分を味わいたい方はこちらへどうぞ♪

コメントを残す