英語での授業って難しい?

こんにちは!Tomoです。
以前、基地内大学に興味のあるお友達からこんな質問をされたことがあります。

「英語での授業ってどんな感じ?分かる?」

ちょうど今回のtermでとったAccountingのクラスが、まさにこの話題にピッタリだと思い書いてみようと思いました。あくまで私の経験を通して感じたことなので、どれくらいお役に立てるかわかりませんが、同じような疑問を抱いているかたの参考になればと思います。

今回のtermでとっていた授業はAccounting(会計学)です。先日やっとこの授業が終わりました!(´∀`)Accountingは必須科目ではなく選択科目としてとりました。本当は違うクラスをとるつもりでしたが、そのクラスがちょどなかったので代わりにAccountingを申し込むことに。「会計学なんて大丈夫なんだろうか…。」と最初から不安でしたが、「副業で始めたAmazon輸入にも役立つかも!何とかなるさ!」と思い選んだクラスでした。

ところが!教科書開いて早々出てきた言葉は「やばい…!」笑 連日さっぱり分からない状態でした。テストにでそうなところは理解するよりもとにかく丸暗記…。こうなってくると全く面白くありません。毎日こんな顔してたと思います→(@Д@;でも、もし単位を落とすようなことになれば、その分の授業料が無駄になってしまいます。それだけはどうしても避けなければ!学ぶ楽しさはどこへやら、最後に私を支えたのは授業料への執念でした!(;°皿°)笑 

こうなってしまった原因は予習を疎かにしたためだと反省しています。私と同じ大学に通う日本人の中には、留学経験があったり、通訳や翻訳の仕事をしている方が多くいます。大学では英語が流暢な日本人とアメリカ人にまざって授業を受けます。とてもじゃないけれど、私の英語力では同じスピードで授業を理解する事ができません。少しでも溝を埋めるために必ず予習をしていました。

ところが、通信での授業が多くなってからというもの、予習なんて全くしなくなってしまいました。理由は、課題の提出日などは決まっているけれども、ある程度自分のペースで進めることができるからです。でも、今回の授業ではそんな方法では通用せず…。。結果、気づけばやっつけ仕事感覚で授業に臨んでしまいました。学びたいことがあって大学に行っているのに、これじゃいけないと心底反省しています(´д`lll)

あくまで私の経験ですが、英語での授業ってやっぱり難しいです!でも、予習などの準備をしておくことで負担がかなり減ります。これは日本語で授業を受ける時も同じかもしれません。一度目よりも二度目の方が、大抵は少し楽になっていることが多いですから(*^ ^*)

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ランキングに参加中です!
励みになります!よろしくお願いします(*^ ^*)

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

【コラム】

沖縄には無料で語学を学べるところが沢山あります!しかも講師の方はネイティブ!これを活かさない手はないと、8月に入ってから週に一回、無料のスペイン語講座に参加しています。英語を学ぶ時もそうだったのですが、講座に行く時は必ず質問を一つ考えいくことにしています。この学習方法は、以前の英会話クラスでご一緒になった70歳のおじいさんから教えてもらいました(‐^▽^‐)

70歳とは思えない記憶力で、当時通っていた英会話クラスの中でずば抜けて英語がお上手でした。ネイティブの先生と一番積極的に会話をしていたと思います。こちらのおじいさんから教えて頂いた方法は、私にはとっても効果的でした。最初はかなり緊張しましたが、質問をよくしていると先生と話す機会が増え、会話力の向上にもつながりましたo(^▽^)o

☆続けて「日本でアメリカ留学」の記事をお読みになる方はこちら

☆在宅で出来る副業「Amazon輸入 準備編」はこちら

☆「Amazon輸入 実践編」はこちら

☆沖縄気分を味わいたい方はこちらへどうぞ♪

コメントを残す