基地内大学 in 沖縄

こんにちは!家事・育児の傍ら大学にも通っているTomoです。 米軍基地によって各基地内大学のシステムが異なります。前回は青森県三沢市にある基地内大学について書きました。私は、青森県国際交流協会を通して三沢の基地内大学へ入学しました。一年後、夫が沖縄へ転勤となったため、現在は沖縄の基地内大学に通っています(-^□^-) 三沢の基地内大学についてはこちらをどうぞ! ちなみに、例え三沢から沖縄へ転勤したとしても、大学に関しては転校ということにはならないそうです。通う場所は変わりますが、所属する大学自体はかわりません。でも一応、転勤まえには授業コーディネーターのオフィスへ行き、沖縄でお世話になるであろう新しい授業コーディネーターの連絡先を教えてもらいました。 基地内大学は基本的にパソコンでの授業で単位をとることができるので、わざわざ授業コーディネーターのもとへいくことはあまりありません。でも、どうしても大学内で受けなければならないテストや、通学で通いたい授業があるときには授業コーディネーターに相談しなくてはいけないこともあります。 また、三沢は米軍基地が一つしかないのに対し、沖縄には米軍基地が複数存在します。しかし学生全てにStudent Pass(基地内に入るための許可証)を発行してくれた三沢の基地内大学とは違い、沖縄ではどの基地内大学を選んだとしても通学で授業をとっていない限りパスを得ることはできません。さらに、沖縄の米軍基地では場所によって日本人の受け入れをしていない所があります。 *基地内大学では通信と通学が授業ごとに選べます。詳しくはこちら そのため、沖縄の基地内大学に入ったからといって、三沢のように基地内の施設を利用するのは難しいと思います。でも沖縄の米軍基地は、一般人が入ることができるフェスティバルや基地開放を頻繁に行っていますし、早朝のフリマも盛んです。そういう機会を利用すれば、基地の中に入ってアメリカ人の方とコミュニケーションをとる事ができるチャンスは結構多いと思いますよ♪ 最後まで読んで頂きありがとうございました! ランキング参加中です! 励みになります!よろしくお願いします(*^ ^*) にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ にほんブログ村 【コラム】 おかげさまでベスト10入りできました! 本当にありがとうございますm(_ _ )m これからも皆様のお役にたてるような記事を書いていけるよう頑張ります! ☆続けて「日本でアメリカ留学」の記事をお読みになる方はこちら ☆自宅で出来る副業!「Amazon輸入 実践編」をお読みになる方はこちら ☆「Amazon輸入 準備編」はこちら ☆沖縄気分を味わいたい方はこちらへどうぞ♪

コメントを残す