Amazonへ納品する時に使うダンボールの種類について

こんにちは!Tomoです。 アメリカのAmazonから仕入れ品が昨日届きました。さっそく商品の確認や梱包作業に取りかかり、その日のうちにFBA倉庫へと出荷することができました。出荷までの作業は簡単なので、慣れてしまうとスムーズに行うことができます。 でも初めて出荷するときは細かい点が色々と気になってしまい、事あるごとにセラーセントラル(Amazonで出品する人が使うページ、セラーセントラルから納品手続きなどの各種作業をおこないます。)のヘルプ機能を使っていました。 初めて出荷をする際に一番気になったのが「出荷の際に使う段ボール」についてです。出荷作業は先ほども書いた通り、決して難しいものではありません。ただ色々と決まりがあります。Amazonのガイドラインに沿って出荷しなくてはいけません。 梱包した商品を入れる段ボールについてはガイドラインにある程度書かれていたのですが、色や柄については一切説明されていなかったので、小心者の私は心配になってしまいました(^▽^;)小さなことなのですが、段ボールがガイドラインに沿っていなかったために納品した商品が戻ってくるなんて絶対ごめんです!(;°皿°) そこでヘルプ機能でしらべてみると…ありました!出荷に使う際の段ボールについて色や柄の指定はないそうです。無地の段ボールをわざわざ買いにいかなくてもいいみたいですね。 今回はとても初歩的な事についての記事で申し訳ないのですが、私みたいに始めたばかりの人にとっては悩みの種になりかねないと思い書いてみました。 最後まで読んで頂きありがとうございました! ランキング参加中です。 励みになります!よろしくお願いします(*^ ^*) にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ にほんブログ村 【コラム】 沖縄県には離島が沢山あります。宮古島や石垣島のように飛行機にのらなくてはいけない離島だけでなく、車で気軽にいけるところも多いんですよ♪今回は南城市にある奥武島をご紹介します。 奥武島を訪れたら是非行ってみてほしいのが、「中本鮮魚てんぷら店」です。こちらのお店は観光客の方はもちろん、地元の方も多く訪れます。そのため連日行列!沖縄のてんぷらは本土のものとは少し違います。 サクサクというよりはフワフワ。そしてコンビニのホットスナックのように、安くて手軽な存在です。そのため天ぷら屋へいくと、ついつい買いすぎてしまいます(笑)中本鮮魚てんぷら店へ行った時も例外ではなく、家族三人で全種類制覇してしまいました( ´艸`) メニューには書いていなかった「うずらの卵の天ぷら」も店員さんに教えてもらったので、そちらも即購入。全て美味しく頂きました(-^□^-)「うずらの卵の天ぷら」は裏メニューだったのかな?もしいかれる事があったら、是非頼んでみてください♪ちなみに私の一押しは「もずくの天ぷら」です。 ☆続けて「Amazon輸入 実践編」をお読みになる方はこちら ☆「Amazon輸入 準備編」をお読みになる方はこちら ☆「日本でアメリカ留学」についてはこちら ☆沖縄気分を味わいたい方はこちらへどうぞ♪

コメントを残す